Edit
TOMCATとは

Apache Tomcat (アパッチ トムキャット) は、サーブレットやJSPを実行するためのサーブレットコンテナ(サーブレットエンジン)である。Apache HTTP Serverとはコネクタモジュールを用いて連携を行う。1.3系と2.0系ならばmod_jkなどを用い、2.2以降はmod_proxy_ajpモジュールを用いる。

Edit
インストール

現在tomcatは対応するJavaのバージョンによって、大きく2種類のバージョンがある(ほかにもあるが、あまり利用している人は少ないと思われるので、ここでは割愛する)

Edit
Version 5.5系のインストール

予め、JAVA(VM)をインストールしておくこと、詳細は言語説明のJavaページを参照のこと 。5.5系はyumがすでにあると思われるので、ここではyumを利用したインストールを紹介する。

# yum install tomcat5
# yum install tomcat5-webapps

ソースはここ

# http://apache.opensourceresources.org/tomcat/tomcat-5/v5.5.30/src/apache-tomcat-5.5.30-src.tar.gz

Edit
Version 6.0系のインストール

予め、JAVA(VM)をインストールしておくこと、詳細は言語説明のJavaページを参照のこと

# wget http://apache.opensourceresources.org/tomcat/tomcat-6/v6.0.29/src/apache-tomcat-6.0.29-src.tar.gz
# tar zxvf apache-tomcat-6.0.29-src.tar.gz
# ln -sf /usr/local/src/apache-tomcat-6.0.29-src /usr/local/tomcat6

Edit
Version 7.0系のインストール(beta版)

# wget http://apache.opensourceresources.org/tomcat/tomcat-7/v7.0.2-beta/src/apache-tomcat-7.0.2-src.tar.gz

Edit
設定

Edit
環境変数の追加

# emacs /etc/profile
  export JAVA_HOME=/usr/local/jdk
  export CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat5   <- 利用するバージョンを指定

Edit
ユーザーとグループの作成

# groupadd tomcat
# useradd -g tomcat -d /var/tmp/tomcat -s /bin/false tomcat

Edit
オーナー情報の変更

# cd /usr/local/tomcat6
# chown -R tomcat:tomcat *

Edit
起動の設定

# chkconfig tomcat5 on
# service tomcat5 start

Edit
Java対応一覧

Tomcat VersionServlet APIJSPJDK
4.x2.31.21.3
5.x2.42.01.4
5.5.x2.42.01.5.0
6.x2.52.11.5.0
7.x3.02.21.5.0

Edit
単語の説明

Edit
JSP (JavaServer Pages)

JavaServer Pages(JSP)は、HTML内にJavaのコードを埋め込んでおき、Webサーバで動的にウェブページを生成してクライアントに返す技術。Javaのコードは、<%と%>記号で囲まれた部分に書かれる。サーブレットの機能のひとつとして実装されている。具体的なコードは下記の通り。

 1: <html>
 2: <head><title>Hello World!</title></head>
 3: <body>
 4: <h1>Hello World!</h1>
 5: <p>
 6: <%
 7:     String hello = "Hello World!";
 8:     out.println(hello);
 9: %>
10: </p>
11: </body>
12: </html>

Edit
JavaServlet(サーブレット)

Java Servlet(ジャバ サーブレット)とは、Javaを用いて、ウェブページのためのHTML文書などを動的に生成またはデータ処理をサーバ上で動くプログラム、またはその仕様である。単にサーブレットと呼ばれることが多い。Java EEの一機能という位置づけになっている。具体的なコードは下記の通り。

String str = "Hello World"
out.println("<html>");
out.println("<head>");
out.println("<title>Hello World</title>");
out.println("</head>");
out.println("<body>");
out.println(str);
out.println("</body>");
out.println("</html>");