Edit
HTML5の特徴

Edit
各種ライブラリについて

Edit
IEの特殊問題について。

Edit
getCanvas問題

IE9では、canvas.getContext('2d') 関数が値を返さずに、false を返す場合がある。そのため、以下のメタタグをページ内に埋め込む必要がある。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge"/>

マイクロソフトの公式ページはここ

Edit
ゲームエンジン:enchant.js

公式ページ

Edit
HTML作成における注意事項

Edit
JavaScriptとの併用において

Edit
HTMLのnameタグは、JavaScriptの名前空間と共有する。

例えば、<input name="getText" /> という name タグに設定した、getText は、JavaScript中に記述した、function getText() {}; という名前と競合するため、他の関数や onclick指定などのJavaScript関数の呼び出しなどにおいて、エラーとなる。(この場合、2重登録というエラーが JavaScriptには存在しないため、function としての getText を呼びだそうとした所が、is not a function というエラーを出す。)

Edit
HTML5での重要技術

Edit
IndexedDB

ブラウザに容量は依存するものの 50MB 程度のデータであれば保存できるブラウザ内のデータ領域。

Edit
Service Worker

オフラインでも利用できるように設計された使用。LocalStrage や Application Cash の代わりに利用される次世代機能。

Edit
HOW-TO

Edit
オリジン問題(クロスドメイン)

大きのWEB技術はセキュリティのために、ドメインを超えてアクセスできないが、このドメインの同一性は、プロトコル、ポート、サーバー名(よってサブドメインもNG)のすべてが合致している必要がある。そのため大規模な開発では、ロードバランサーを導入して、同じドメインに多くのサーバーをぶら下げる方法が必要となる。

Edit
CORS (オリジン間リソース共有、 Cross-Origin Resource Sharing)

これもオリジン問題ではあるが、ローカルファイルを chrome に読ませると、この問題が発生する。(別ファイルの時点で別ドメイン扱いになっている。firefox 他他のブラウザでは大丈夫)