Edit
VMwareについて

VMware とはWindowsやLinux上で仮想マシンを立ち上げるソフトで、基本的なソフトは無料で提供されています。

Wmware Player : WMware Server を利用して作成された「仮想マシンイメージファイル」を利用して仮想マシンを稼動させることができます。仮想マシンを最初から作成できず、WMServerを利用して、仮想マシンを作成したうえで、搭載するOSを設定した「仮想マシンイメージファイル」のみ稼動できます。ただ、最初にOSインストールレベルから処理できないだけで、仮想マシンとしての機能は問題なく果たせます。

WMware Server : Playerで稼動させる「仮想マシンイメージファイル」を作成できます。ちなみに、PlayerとServerは同時にインストールできません。しかし、Serverをインストールすれば仮想マシンですべてコントロールできます。Serverの問題は、VMware社にユーザー登録と行わなくてはいけない事と、メモリやHD等のマシンリソースを非常に使うことです。

VMware社ホームページ

Edit
VMware上にCentOSをインストールする。

VMware上にCentOSをインストールするには、ゲストOSの環境設定で、isoイメージをCDROMとして割り当てて、そのCDROMイメージからCentOSを起動・インストールすると便利です。またインストール時にはGRUBを入れるのを忘れないように、入れないと起動しません。

VMware上にCentOSをいれたとは、マウスカーソルなどの操作がホストOSとゲストOSで一々切り替える必要がでてきますので、VMware Toolsをインストールしたほうが良いでしょう。
vmware tools
VMwareインストール後の設定?
わかりやすい設定ページ

Edit
VMware Tools のGUIインストール

ホストOSで立ち上がっているVMware Server またはVMware Playerのメニューに「VM」というメニューがあり、そこに「Install VMware Tools」というコマンドがあります。(CentOSが起動中の場合のみ)それをクリックするとCDイメージがゲストOSである、CentOSにマウントされ、2つのファイルが表示されます。

そのうち、RPMファイルはバブルクリックでインストールできますが、もうひとつのファイルは只のTarファイルなので、適当なフォルダに展開します。その後、そのフォルダから

#cd インストールしたフォルダ
#./vmware-config-tools.pl

とインストールのプログラムを実行します。

※途中、何度かフォルダやy/Nと聞いてきますが基本はEnterキーだけですが、コンパイルを促すような部分は、noを選択してください。

Edit
VMware tools をCUIでインストールする。

  1. 最初にゲストOSを立ち上げます。
  2. ゲストOSにルートでログインします。
  3. VMwareの「VM」メニューから、「Install VMware tools」を選択します。変なメッセージが出ますが、無視をして表示された「Install」のボタンを押します。
  4. これでVMwareToolsのイメージCDROMがゲストOSに接続されたので、OSにそのCDイメージをマウントし、正しくファイルが読めるか確認します。
    # mount /dev/cdrom /media
    # cd /media
    # ls -al
  5. 次に表示されたrpmファイルと使って、VmwareToolsをインストールします。
    # rpm -Uvh VMwareTools-1.0.6-91891.i386.rpm
  6. いろいろ表示された後、vmwaretoolsをサービスに登録します。
    # chkconfig --add vmware-tools
    # chkconfig --list vm*
  7. 無事に登録されていたらサービスを自動的に起動するように設定します。
    # chkconfig vmware-tools on
    # service vmware-tools start
  8. 次にスクリプトを起動をするために、カーネルのソースと開発環境をインストールします。
    # yum groupinstall 'Development Tools'
    # yum install kernel-devel
  9. カーネルのコンパイル環境が揃ったところで、カーネル再構築の為のパールスクリプトを実行します。
    # vmware-config-tools.pl

vmware tools

# /usr/bin/vmware-toolbox

Edit
時刻合わせについて

VMware tools をインストールした後に、一度ゲストOSをPAUSEして、VMware Folderの中の、.vmxファイルをメモ帳で開いて、以下の設定を変更してください。

tools.syncTime = "TRUE"

これで、ゲストOSの時刻がHOST-OSの時刻に合うようになります。

Edit
キーボードファイルの設定

インストール後に、GNOMEのメニューから「System」を選択し「Preferences」を選択し「Keyboard」を選択します。そのキーボード設定の「Layouts」で「Keyboard Model」を"Japanese 106-key"を選択し、Selected Layoutsに、Japanを選択してUSを削除してください。これによってキーボードの設定を日本語106キーボードに変更します。|

またGNOMEのメニューから「System」を選択し「Administration」を選択し「Language」で日本語を選択することも忘れないでください。

Edit
GUIでの解像度の変更

通常VMwareを導入すると、ゲストOSの解像度は、640x480 か 800x600 という使いづらい解像度になっていますので、まずはGNOMEのメニューから「System」を選択し「Administration」を選択し「Display」(これがVMware Toolsをインストールしないと出現しません)を選択します。ここで、「Hardware」でほかの解像度を選択することで、新しい解像度を利用できます。(例:LCD 1024x768など)

Edit
日本語環境のインストール

日本語入力システムのインストールと日本語フォントをインストールします。フォントについては、GNOMEメニューの「Applications」の「Add/Remove Software」からインストールすることもできます。(それのほうが安全か?)

#yum install fonts-japanese
#yum install scim-anthy
#scim-setup

ちなみに、このSCIMセットアップですが、メニューから選択すると英語で表示されます。(なぜ?)

この作業のあと、CTRL + Space キーで漢字変換ウィンドウが表示されます。

Edit
時刻がずれる問題について、vmware-toolsの導入でもかなりずれるようなので、参照ページの対応で、結構改善できるようです。