Edit
MovableTypeとは

Web Log (Blog)サーバーの1つであり、日本では比較的メジャーなサーバーソフトである。公式ページはここにある。

Edit
Install

# cd /usr/local/apache2/cgi-bin
# wget http://www.movabletype.org/downloads/stable/MTOS-4.25-ja.zip
# tar zxvf MTOS-4.25-ja.zip
# mv MTOS-4.25-ja mt

Edit
必要なPerlモジュール

Edit
その他、あると便利なモジュール

Edit
Configファイルの設定(mt-config.cgi)

MovableTypeでは、展開したファイルのルートにconfigのオリジナル設定ファイルがあるため、コピーしたあと下記のように設定する。(例ではMySQLの場合)

################################################################
##################### REQUIRED SETTINGS ########################
################################################################
CGIPath         http://www.mydomain.com/cgi-bin/mt/
StaticWebPath   http://www.mydomain.com/mtos/
DefaultSiteURL  http://www.mydomain.com/blog/
DefaultSiteRoot /usr/local/apache2/htdocs/blog
#================ DATABASE SETTINGS ==================
##### MYSQL #####
ObjectDriver    DBI::mysql
Database        mtos
DBUser          mtuser
DBPassword      mtpass
DBHost          localhost
DBSocket        /tmp/mysql.sock
##### POSTGRESQL #####
#ObjectDriver   DBI::postgres
#Database       DATABASE_NAME
#DBUser         DATABASE_USERNAME
#DBPassword     DATABASE_PASSWORD
#DBHost         localhost
##### SQLITE #####
#ObjectDriver   DBI::sqlite
#Database       /path/to/sqlite/database/file

Edit
必要なファイルのコピーと移動

具体的なファイルコピーの説明

  1. アーカイブのファイル展開は、/cgi-bin/の下にmtフォルダを作成し、そこに展開する。(上記のインストールの部分ですでに展開済みだが)
  2. 展開したフォルダ内のmt-staticの内容を、/usr/local/apache2/htdocsの下に/mtosというフォルダを作成し、移動する。このフォルダはmt-config.cgiの内のStaticWebPathで指定するフォルダになる。
  3. 同じ/htdocsの下に、blog用のフォルダとして、/blogを作成する。これは、mt-config.cgi のDefaultSiteURLで指定するフォルダになる。

Edit
インストールチェック

上記までのインストールが終了後、WEBにアクセスすることで設定する。またその設定の前に一度チェックする必要がある。

http://www.mydomain.com/cgi-bin/mt/mt-check.cgi

チェックで問題がなければ設定ページにアクセスする。

http://www.mydomain.com/cgi-bin/mt/index.html