Edit
リッピングとは

市販品やDVDレコーダーなどで作成された、DVDやブルーレイディスクを、ファイル形式に保存してパソコンなどから鑑賞できる手順を指す。また通常、これらの行為は個人で利用する範囲であっても違法行為となるため、リッピングする素材は著作権を自分で保持しているものだけを対象としてほしい。

Edit
細かく調整したい人向け

通常リッピングのツール及び関連ツールには、いろいろなものがフリーソフトとして公開されているので、自分でその中から、自分にあったものを探す。ツールの特徴や使い方などは紹介しているサイトが大量にあるので、ここでは個人的に選択したツールを紹介する。

Edit
MakeMKV

このツールは、パソコンに接続されたドライブから、リッピングを行い MKV形式で抽出するツールである。このMKV形式の場合、メディアに保存されているすべての「映像」「音声」「字幕」の情報がMKVファイルに保存できるが、メディアが持つメニュー情報は割愛される。

但し、このツールではかなり不要なデータも抽出される。例えば字幕機能に対応していない再生機の為に、映像に字幕が埋め込まれている映像や、DTS5.1チャンネルに対応した音声データなどいろいろな音声形式のデータなど、いわゆる映像+ステレオデータ+字幕だけが必要な人には無駄なデータばかりで巨大な容量になってしまう。

日本であれば、普通は映像+英語音声+日本語音声+日本語字幕+英語字幕ぐらいのトラックデータだけがあれば事足りる人も多いだろう。また映像のクオリティも自分に合わせたものに変更したいという人も多いだろう。よって、MakeMKVで抽出した映像をまずは小さくする。

Edit
HandBrake

フリーの映像変換ツール。当方では基本的にTMPGEncを利用することが多いが、HandBrakeは無料なのでここでは、このツールを紹介する。このツールを利用し、MakeMKVの映像部分だけを、自分が望む映像フォーマット及びビットレートなどに変換する。

Edit
MKVToolNix

このツールは、MKVファイルを作成するためのツールであるが、自分で細かく連結させるトラックやデータを編集し、最適なMKVファイルを作成することが可能となる。よって、MakeMKVで作成されたMKVファイルから、音声データと字幕データを。HandBrakeで作成された映像ファイルを、必要なトラックとして入力選択し、新しいMKVを作成する。これで晴れてメディアからMKVファイルになった最適な動画ファイルが得られる事になる。