Edit
DVDをmkvファイルとして1つのファイルで管理

DVDを沢山持っている人は、一々ディスクを探すのが面倒である事が多いだろう。私もそのひとりだが1つのファイルにしてファイル名検索等で映像を管理したい場合などに下記の方法がある。

Edit
DVDをIFOファイル形式に変換

役割としては、DVD Decryptorなどのツールを用いて、IFO形式のファイルに変換する、詳しくは他のサイトで紹介しているのでここでは割愛する。

Edit
DVDイメージから映像と音声をmkvファイルにする。

ここではHandBrakeというソフトを利用するのが一番よいと思われる。特に音声トラックが1つから、2つ入っているようなDVDにおいて、非常に威力を発揮する。(3つ以上の音声トラックは未対応)

Edit
映像と音声と字幕の合成

MKVToolNix

Edit
用語集

Edit
Program Chain

DVDビデオなどの用語として利用されるProgram Chainとは、一般の方からするとトラックという概念のほうがなじみ易いだろう。通常はProgram Chain 1番に本編データが入っており、2番にはボーナストラック(映像特典)などが入っていたりする。要するに大まかなDVDディスクの内容分類である。このProgram Chainの番号付けや総数にはDVD規約上のルールはないため、DVDメーカーがタイトル別に勝手に分類をしていることが多く、よってタイトルによって本編の入っているProgram Chain番号が違っていたりする。

Edit
IFO,BUP,VOBファイル

通常この3フォーマットのファイルは、DVDを開くとVIDEO_TSフォルダに入っている。これらのファイルがDVDの本体であり、AUDIO_TSには通常なにも入っていない。(主に互換性の為に空フォルダが存在している)
さて、VIDEO_TSにある3フォーマットをそれぞれ解説しよう。

Edit
IDX,SUBファイル

通常、VSRipなどのツールを用いてIFOファイルから、字幕情報を抽出するとこの2つの種類のファイルが作られる。補足をするが通常、字幕として表示されている文字は、内部的にはテキストデータ(ASCII文字などコード管理されているもの)で管理されておらず、あらゆる言語や表現に対応するために、画像データとして保管されている。

Edit
CDについて

CDの取り込みには「CD Manipulator」を利用し得て、CDイメージをそのままファイル化し、PowerISOやDeamonToolsなどを利用して、ドライブとしてマウントする方法が一般的だが、音楽CDなどの場合にはWaveデータとして保存しておきたい場合なども少なくないと考える。

Edit
プリエンファシス

衛星放送のデジタル音声や、昔のCDには、プリエンファシス(pre-emphasis)という処理が行われている。これは、簡単にいえば印象に残りやすい高音部の解像度を上げ、音質の向上をはかるということである。そのため、データやCDにはプリエンファシスがかかったデータの識別コードが埋め込まれており、そのデータをDAコンバータが発見すると、データ全体を元の帯域に戻して再生する。そのため、PCなどプリエンファシスに対応していないDAコンバータでは、高音がやけに耳につく音となってしまう。

Edit
CDからWaveの取り込み

お勧めは、CD2Wave32というソフトがお勧めである。現在のバージョンにおいては、上記のプリエンファシスデータを自動的に、ディエンファシスを行ってくれる。また、非圧縮(CDデータ同等音質)ではなく、mp3やmp4などの圧縮データに変更することも可能である。

Edit
参考リンク

一番分かり易い解説