Edit
ハーモニカ

Wikipedia

Edit
ハーモニカとは?

空気を通すだけで、音の鳴るフリーリードを使った小さな楽器。通常は左から右に1音ずつ音階が上がるようになっている。またド・ミ・ソの3音は吹いて音を出し、レ・ファ・ラ・シの4音は、吸って音を出す。構造にはいろいろあるが、1穴で吹いたり吸ったりすることで、2音だせるもの。1穴がすでに吸い用、吹き用と決まっているため1音しかでないものの大きく分けて2種類がある。

Edit
練習方法

基本的にはリードを、演奏者が直接さわらないフリーリードの為、だれでも音を出す事は簡単だが大きく分けて3つのレベルがある。

  1. 1つの音だけが正確に出せるようになる。
  2. 音を変えても、音が正確に出せる。
  3. ベンドやフェイク、ビブラートなどの高度なテクニックが扱える。

3つ目のレベルはいろいろな技術があるため、細分化されるべきだが、2つ目までがしっかり出来れば、そこから際は楽しみながら出来るので、ここでは言及しない。 テクニック紹介

Edit
演奏場所

この問題が都内に住む諸兄に取って、一番の難問かもしれない。ただハーモニカは楽器自体も小さく、壁に響くようなものでないため、ハーモニカの空気が抜けるあたりをタオルなどで巻いて演奏することで、音量を小さくできるため、比較的、場所に困らない方も多いと思われる。