Edit
金属製品

Edit
メンテナンス

銀製品などは、長期にわたって利用していると、黒ずんでくる。この黒ずみの原因は空気中の硫黄が銀と反応し表面に硫化銀[Ag2S]が発生する事が原因である。(硫黄の温泉などにシルバーを漬けると一発で黒くなる。ちなみに酸化した銀は酸化銀[Ag2O]で、この場合は白っぽくなる)

Edit
家庭でも手軽にできる「アルミ重曹法」

プラスティック容器などの内側にアルミホイルを貼り、重曹を入れ、その中にお湯をいれ、重曹をしっかり溶かした所に、綺麗にしたい金・銀・銅・白金などの貴金属を入れる。これによって黒ずみが綺麗にとれる。

これは、重曹溶液中でアルミと銀を接触させると一種の電池を形成し、銀のほうにイオン化した水素が発生し、硫化銀の硫黄を奪い硫化水素(H2S、腐卵臭のような温泉などで発生しているもの)となり硫化銀は元の銀に戻るためである。この方法では、チェーンのようなものはもちろん、細かい細工も綺麗に取れ、研磨剤を利用するよりも簡単・清潔・安全で安上がりである。

Edit
研磨剤の方法

上記の方法などで取れない汚れなどに対しては、貴金属そのものを研磨する必要があるが、この研磨には大きくわけて2種類の工程が存在する。

研磨フェーズ
研磨とは言葉の通りに、削って磨くという意味であるから、基本は研磨剤を利用し深い汚れや傷を消すために利用される。貴金属における代表的な研磨剤としてはキクブライトの製品が安心して利用でき、高い評価を得ているようだ。(金属製品には何にでも利用できる)これに、研磨のレベルを調整する、目の粗さを選べるスポンジクリーナーやクリーナー用の布(目が細かく地金を痛めなそうなものであれば問題無し)などを利用して必要なレベルまで地金を削って研磨し、仕上げを行う。

ポリッシュフェーズ
研磨が地金を削って深い傷などを見えなくさせる行為に対し、ポリッシュは基本的に地金を削らずに、薬品(クリーム)などで美しさを向上させる行為である。基本的には貴金属向けのクリーム(研磨剤が含まれていないもの)を利用する。多くの製品では、表面に薄い膜を張ることで、硫化を防ぎ黒ずみを押さえるが、銀食器など食に用いる製品には衛生上利用するべきでない。

Edit
手作りの装飾品

世の中にはいろいろなデザインの貴金属があるが、どうして自分のこだわりの逸品を作成したいと思う人は多いだろう。ここでは、具体的に制作する方法について考察する。

Edit
制作技術の種類

手法名概要
ロストワックス法ロウで製品と同じ形状を作り、周りを鋳砂で覆い固め、ロウを溶かして除去することによってできた空洞に金属を流し込むと鋳物ができる。抜き勾配やアンダーカットを考慮する必要がない等の特徴を有する。あらかじめ収縮率を考慮して原型を作れば、複雑な形状のものを一体化して鋳造することができるため、機械加工の工程を減らすことができる利点がある。
鍛造法金属をハンマー等で叩いて圧力を加える事で、金属内部の空隙をつぶし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成形する方法。日本刀などがこの方式。鋳造に比べて鋳巣(空洞)ができにくいので、強度に優れる。
鋳造法(キャスト)材料(主に鉄・アルミ合金・銅・真鍮などの金属)を融点よりも高い温度で熱して液体にしたあと、型に流し込み、冷やして目的の形状に固める加工方法。貴金属では、同じ概念の上記ロストワックス法が利用されている。
オーバーレイ法基本は主に指輪などにおいてエッジの効いたデザインのものによく利用される。925〜950シルバーを直接加工して制作する。
クレイシルバー法1990年代に開発された、比較的近年におけるシルバー製品製作用の技法。基本は銀粘土で形を作り、乾燥させ最後に焼結させて完成させる。その際に、粘土の段階にあった不純物は焼結の段階で失われ、純度99.9%の銀製品となる。

Edit
焼結・焼成

Edit
仕上げ

ピカピカの「鏡面仕上げ」や、黒ずんだ光沢を放つ「いぶし仕上げ」

Edit
ピアス・イヤリング

Edit
揺れるタイプについて

タイプ概要
揺れるタイプ男性の遺伝子に刻まれた狩猟本能に火をつけると言われており積極的な印象を演出
揺れないタイプエレガントさや、フォーマルな印象を演出する。

Edit
ピアスタイプ

タイプ概要似合うヘヤスタイル
アメリカンピアス貴金属できたチェーン状のピアス。先が棒状になっているのでピアス穴に通りやすく、通した後は垂らしておくだけのシンプルな構造とライン長い髪
チェーンタイプピアス穴に固定した装飾部からチェーンがぶら下がっているタイプ。長い髪
ドロップタイプピアス穴に固定した装飾部から、大きな装飾がぶら下がっているタイプ。一般的なピアスのタイプショートヘアー(アップ)
スタッドピアスピアス穴に装飾を固定するだけのシンプルな構造。ショートヘヤー、ミドルヘア
フープタイプスタッドピアスの特殊型。ピアス穴にシンプルなフープを通すタイプショートヘヤー、ミドルヘア
リングタイプ名前の通り指輪のようなリングをつけるタイプ。ショートヘヤー、ミドルヘア