Edit
血管が詰まると高血圧になる。

Edit
脂質や糖質になる炭水化物などの食事を減らす。

善玉コレステロール(HDL)が多くなれば血管壁に溜まったコレステロール(脂質)のプラークも溶解し小さく出来る。しかし善玉も悪玉(LDL)も同じ中性脂肪から発生するため、善玉だけ増やという器用な事はできず、結局の所、取得する中性脂肪の絶対量を減らすことでバランスを元に戻すというアプローチになる。

よって中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やして血管をきれいにするには時間がかなりかかる。

Edit
汗をかく運動をする。

仕組みとしては、毛細血管の血管内皮細胞表面に存在する「リポ蛋白リパーゼ(LPL)」が末端にきた中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解し、血管壁及び血管に隣接する脂肪細胞に遊離脂肪酸が吸収されていく。よって抹消細胞や末梢血管が活動する(汗をかくような強歩など)ことで、分解と再吸収を繰り返させる。

<参考>

下記は比重により分類される。
1、カイロミクロン(外部から腸を経由した中性脂肪)
2、中性脂肪(肝臓で作られた中性脂肪。VLDL:超低比重リポ蛋白)
3、IDL(中性脂肪をLPLで一時分解したもの。中間比重リポ蛋白)
4、悪玉コレステロール。(IDLをHTGLが分解したもの。LDL:低比重リポ蛋白)
5、善玉コレステロール。(HDL:高比重リポ蛋白)
※リポ蛋白の比重はこの順に重くなり、粒子の大きさはこの順に小さくなる。
※HTGL(肝性トリグリセリドリパーゼ)は肝臓で合成される酵素

Edit
食物繊維を取る。

ちなみに食物繊維は、コレステロールの異化(排泄)を促進させ、高コレステロール血症を改善する。また小腸での、脂質や糖質の吸収を、抑制し、カイロミクロン量や、肝臓でのVLDL合成量を減少させ、高中性脂肪血症(高トリグリセリド血症)を、改善する。

Edit
塩分のとりすぎで体内水分が増え高血圧になる。

Edit
塩分を取るのを控える。

体内では水分に対する塩分濃度を自動的に調整しているため、塩分を取ると薄めようと体内に水分を保持しようとすることで、血管の血圧が上昇する。よって塩分そのものを取ることを控える。

Edit
カリウムを含む食べ物を取る。

簡単にいってしまえば、カリムは体内の塩分(ナトリウム)と水分をくっつけて、排出する。よってカリウムを多く摂ることで過剰摂取されたナトリウムを排出できる。参考までにカリウムとナトリウムの摂取のバランスは、ナトリウム1にカリウム2の比率。

カリウムを多く含む食品

ほうれん草、里芋、モロヘイヤなど。