Edit
理想とされるバグ管理

バグ情報とソースとの修正履歴が、関連されているが、ソースを見なくてもバグ管理ができる独立性もほしい。

バグのパターン

Edit
バグの重要度について(プロジェクト毎に段階と名称を設定可能)

Edit
優先度(プロジェクトごとに段階と名称を設定可能)

Edit
バグの状態表示

Edit
バグの修正履歴(各バグごとに履歴を持つ)

0、プロジェクトマネージャー 1、修正者(PG)を割り振る人 2、デバッガーを割り振る人 3、修正者 4、デバッガー 5、

Project ID:16 bit (プロジェクトID)  Project DB
Bug ID:32 bit (バグ番号)               Bug DB
History ID:16 bit (バグ履歴番号)
code:8bit (履歴コード, バグの状態で登録)
name ID: (バグ管理システムのユーザー登録ID) OpenID対応
related Bug:(複数)関係しているバグの番号を入力。
subject:概要
text:バグの内容
appendix:添付ファイル

Edit
Trac

Tracとは、バージョン管理システム上に起動するバグトラッキングシステムであり、Pythonで実装されている。
Trac Official HomePage
設定のサンプルページ

Edit
Install Trac

# wget http://ftp.edgewall.com/pub/trac/Trac-0.11.tar.gz
# tar zxvf Trac-0.11.tar.gz
# cd Trac-0.11
# 

Edit
影舞

影舞とはバグトラフィク管理システム
影舞HP

# wget 
# tar xvf kagemai-0.8.8.tar
#

Edit
mod_rubyについて

mod_ruby公式ページ

# tar zxvf mod_ruby-1.2.6.tar.gz
# cd mod_ruby-1.2.6/
# ./configure.rb --with-apxs=/usr/local/apache2/bin/apxs
# make
# make install