Edit
cocos IDEとは

cocos2d-x という、C++用の cocos ライブラリをベースに、Luaバインディングにも対応した、iPhone , android 向けゲーム開発統合環境です。

Edit
外部ライブラリソースの組み込み

  1. <project>/frameworks/runtime-src のフォルダを作成。あれば必要無し。
  2. Project右クリックで、Cocos Tools > Add Native Codes supportを実行。

Edit
customクラスのIDEへの指定

Edit
iniファイルの追加

project>/frameworks/cocos2d-x/tools/tolua フォルダに、cocos2dx_custom.ini(customの部分は自分の追加クラス名)を追加する。

[cocos2dx_custom]
prefix = cocos2dx_custom
target_namespace =
android_headers = -I%(androidndkdir)s/platforms/android-14/arch-arm/usr/include -I%(androidndkdir)s/sources/cxx-stl/gnu-libstdc++/4.7/libs/armeabi-v7a/include -I%(androidndkdir)s/sources/cxx-stl/gnu-libstdc++/4.7/include -I%(androidndkdir)s/sources/cxx-stl/gnu-libstdc++/4.8/libs/armeabi-v7a/include -I%(androidndkdir)s/sources/cxx-stl/gnu-libstdc++/4.8/include
android_flags = -D_SIZE_T_DEFINED_ 
clang_headers = -I%(clangllvmdir)s/lib/clang/3.3/include 
clang_flags = -nostdinc -x c++ -std=c++11
cocos_headers = -I%(cocosdir)s/cocos -I%(cocosdir)s/my -I%(cocosdir)s/cocos/base -I%(cocosdir)s/cocos/platform/android
cocos_flags = -DANDROID
cxxgenerator_headers = 
extra_arguments = %(android_headers)s %(clang_headers)s %(cxxgenerator_headers)s %(cocos_headers)s %(android_flags)s %(clang_flags)s %(cocos_flags)s %(extra_flags)s
headers = %(cocosdir)s/cocos/my/CustomClass.h
classes = CustomClass.*
skip = 
rename_functions = 
rename_classes = 
remove_prefix = 
classes_have_no_parents = 
base_classes_to_skip = 
abstract_classes = 
script_control_cpp = no

Edit
genbindings.pyの修正

上記のフォルダの中にある、genbindings.pyに、今作成した ini ファイルを追記する。この1行の意味は、左から、追加されたiniファイル名、クラス名、C++側のファイル名となる。

genbindings_modify.png

Edit
C++側のインターフェイスファイルの追加

上記genbindings.pyに追加した行の3つ目の項目に記述されたC++側のソースコードのファイル名(C++側のファイル:lua_cocos2dx_custom.cpp と、lua_cocos2dx_custom.h)は、<project>/cocos/scripting/lua-bindings/auto フォルダに追加する。

また、このヘッダーファイル内には lua 側から使えるようにするための、グローバル関数定義を忘れなようにすること。

例:void register_all_cocos2dx_custom(lua_State* tolua_S);

Edit
Lua側のインターフェイスファイルの追加

lua側は、<project>/cocos/scripting/lua-bindings/auto/api フォルダの中に、custom.lua という形で、lua側のカスタムクラスのファイルを追加する。

Edit
IDEへのカスタムクラスの自動補完機能(IDEバージョン1.0.1以上)

作成中

添付ファイル: filegenbindings_modify.png 820件 [詳細]