Edit
ライブラリ

Edit
checkinstall

Makefileを利用して、rpm ファイルを作成するTool。

# yum intall git rpm-build
# git clone http://checkinstall.izto.org/checkinstall.git
# cd checkinstall
# ln -s /usr/local/lib/installwatch.so /usr/local/lib64/installwatch.so
# mkdir -p /root/rpmbuild/SOURCES
# cd checkinstall
# make
# make install

上記checkinstall自体を利用したサンプル

# checkinstall

簡単の設問に答えるだけで、下記フォルダに、rpm ファイルが作成される。

# cd ~/rpmbuild/RPMS/x86_64

rpmファイルの中身を確認する場合

# rpm -qlp xxxxxxxxxxx.rpm

rpm のインストールテストするには

# rpm -ivh –test xxxxxxxxxxxxx.rpm

インストールするには、(アップグレードの場合は、 -Uvh にオプションを変更。依存関係無視の場合は、--nodeps )

# rpm -ivh xxxxxxxxxxx.rpm

インストールされた情報を確認する場合は、

# rpm -qi checkinstall

Edit
checkinstallの代用

上記のcheckinstall で作成される rpm ファイルはかなり信用性が低い。そこで make install で作成される、installed.list ファイルを下記バッチを使って作成する方法もある。但し、作成されたzipファイルをインストールする場合には、カレントフォルダをルート(/)に移動しておくこと。

# vi package.sh
    #!/bin/sh
    flist=$1
    while read fname
    do
        if [ -f $fname ]; then
            echo $fname
            zip package.zip $fname
        fi
    done < $flist

Edit
apache apr & apr-util

APR(Apache Portable Runtime)

# wget http://ftp.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist//apr/apr-1.5.2.tar.gz
# tar zxvf apr-1.5.2.tar.bz
# cd apr-1.5.2
# ./configure
# make 
# make install
# wget http://ftp.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist//apr/apr-util-1.5.4.tar.gz
# tar zxvf apr-util-1.5.4.tar.gz
# cd apr-util-1.5.4
# ./configure --with-apr=/usr/local/apr
# make
# make install

Edit
libcurl

#  wget http://curl.haxx.se/download/curl-7.35.0.tar.gz
# tar zxvf curl-7.35.0.tar.gz
# cd curl-7.35.0
# ./configure --with-ssl=/usr/local/ssl
# make
# make install

Edit
libgz2

公式ページ

Edit
Install

コンパイルする場合、makefile を修正し、gcc のオプションに -fPIC 指定を追加すること。

# wget http://www.bzip.org/1.0.6/bzip2-1.0.6.tar.gz
# tar zxvf bzip2-1.0.6.tar.gz
# cd bzip2-1.0.6
# make

Edit
zlib

公式ページ

Edit
install

# cd /usr/local/src
# wget http://zlib.net/zlib-1.2.8.tar.gz
# tar zxvf zlib-1.2.8.tar.gz
# cd zlib-1.2.8
# ./configure
# make
# make install

Edit
Yum

Edit
libpng

Edit
install

# wget http://download.sourceforge.net/libpng/libpng-1.6.9.tar.gz
# tar zxvf libpng-1.6.9.tar.gz
# cd libpng-1.6.9
# ./configure
# make
# make install

Edit
ImageMagik

# wget http://www.imagemagick.org/download/ImageMagick.tar.gz
# tar zxvf ImageMagick.tar.gz
# cd ImageMagick-6.8.8-6
# ./configure
# make
# make install

Edit
PCRE

PCRE パッケージとはPerl 互換正規表現 (Perl Compatible Regular Expression) ライブラリを提供する。このライブラリを用いれば Perl 5 と同様の文法により、正規表現によるパターンマッチングを実現する。公式サイト

Edit
インストール

# wget ftp://ftp.csx.cam.ac.uk/pub/software/programming/pcre/pcre-8.38.tar.gz
# tar zxvf pcre-8.38.tar.gz
# cd pcre-8.38
# ./configure --enable-utf --enable-unicode-properties --enable-pcregrep-libz
# make
# make install

Edit
Redline

# wget ftp://ftp.cwru.edu/pub/bash/readline-6.2.tar.gz
# tar zxvf readline-6.2.tar.gz
# cd readline-6.2
# ./configure
# make
# make install

Edit
Autogen (gnu)

# wget ftp://xmlsoft.org/libxml2/libxml2-2.9.4.tar.gz
# tar zxvf libxml2-2.9.4.tar.gz
# cd libxml2-2.9.4
# ./configure
# make
# make install
# wget http://ftp.gnu.org/gnu/libtool/libtool-2.4.6.tar.gz
# tar zxvf libtool-2.4.6.tar.gz
# cd libtool-2.4.6
# ./configure
# make install
# http://ftp.gnu.org/gnu/libunistring/libunistring-0.9.7.tar.xz
# xz -dc libunistring-0.9.7.tar.xz | tar xfv -
# cd libunistring-0.9.7
# make
# make install
# wget ftp://sourceware.org/pub/libffi/libffi-3.2.1.tar.gz
# tar zxvf libffi-3.2.1.tar.gz
# cd libffi-3.2.1
# ./configure
# make
# make install
# wget http://www.hboehm.info/gc/gc_source/gc-7.6.0.tar.gz
# tar zxvf gc-7.6.0.tar.gz
# cd gc-7.6.0
# wget http://www.hboehm.info/gc/gc_source/libatomic_ops-7.4.4.tar.gz
# tar zxvf libatomic_ops-7.4.4.tar.gz
# mv libatomic_ops-7.4.4 libatomic_ops
# ./configure
# make
# make install
# wget http://ftp.gnu.org/pub/gnu/guile/guile-2.2.2.tar.gz
# zxvf guile-2.2.2.tar.gz
# cd guile-2.2.2
# ./configure
# make
# make install
# wget http://ftp.gnu.org/gnu/autogen/autogen-5.18.7.tar.gz
# tar zxvf autogen-5.18.7.tar.gz
# cd autogen-5.18.7
# ./configure
# make
# make install

Edit
libmcrypt

# wget http://sourceforge.net/projects/mcrypt/files/Libmcrypt/2.5.8/libmcrypt-2.5.8.tar.gz
# tar zxvf libmcrypt-2.5.8.tar.gz
# cd libmcrypt-2.5.8
# ./configure
# make
# make install

Edit
ライブラリ

Edit
Libexpatのトラブル

apacheなどで自動にインストールされるlibexpatが優先され、初期のinitで起動するようなプロセスが起動できない場合がある。その場合には、apacheが作成したやつを削除するとよいだろう。

Edit
Boost Library

Boost (ブースト)とは、C++の先駆的な開発者のコミュニティ、及びそのコミュニティによって公開されているオープンソースライブラリのことを指す。コミュニティとしてのBoostはC++標準化委員会の委員により設立されており、現在でもその多くが構成員として留まっている。このような経緯もあってBoostコミュニティはC++の標準化に対してかなりの影響力を有している。実際に標準化委員会の発表した「TR1」の2/3以上がBoostライブラリを基にしている。このことからBoostはC++の標準化にあたり有効なアイデアをテストする場であるとも言える。(Wikipedia)

Edit
Boost-jamを最初にインストール

# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/boost/boost-jam-3.1.16.tgz
# tar zxvf boost-jam-3.1.16.tgz
# cd boost-jam-3.1.16
# ./configure
# make
# make install

Edit
Boost本体のインストール

# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/boost/boost_1_35_0.tar.gz
# tar zxvf boost_1_35_0.tar.gz
# cd boost_1_35_0
# ./configure
# make
# make install
# bjam install         <- boost-jam

Edit
ImageMagick

ImageMagickは画像を動的に作成することが可能でWebアプリケーションに最適です。 画像のリサイズ、回転、シャープ化、減色、特殊効果、シーケンス、異なった画像フォーマットに保存等といった様々な加工が出来ます。 画像処理の操作は、コマンドライン、C C++ Perl Java PHP Python Rubyなどのプログラム言語から利用可能です。
ImageMagick公式ページ
ImagemagickのPHPでのサンプル

Edit
ImageMagickのインストール

# wget ftp://ftp.imagemagick.org/pub/ImageMagick/ImageMagick.tar.gz
# tar zxvf ImageMagick.tar.gz
# cd ImageMagick
# ./configure
# make
# make install

Edit
PythonMagick

公式ページ

# wget http://www.imagemagick.org/download/python/PythonMagick-0.7.tar.gz
# tar zxvf PythonMagick-0.7.tar.gz
# cd PythonMagick-0.7
# ./configure
# make
# make install

Edit
Imagick Install( It is for PHP )

IMagick is a native PHP extension to create and modify images using the ImageMagick API.
公式ページ

# wget http://pecl.php.net/get/imagick
# tar zxvf 
# cd imagick-2.2.0
# phpize && ./configure && make && make install

Edit
ZLIB

zlib は Zip や gzip に使われている圧縮アルゴリズムをライブラリ化したものです。作者は Zip や gzip 同様 Jean-loup Gailly と Mark Adler です。ライセンスは BSD 類似です(詳しくは zlib 配布に含まれる zlib.h のコメントをご覧ください)[標準では使用されませんが,アセンブラ版 match.S はGPLです]。画像フォーマット PNG の圧縮も zlib で行われています。

zlib公式ページ
<<インストール>>=

# wget http://www.zlib.net/zlib-1.2.3.tar.gz
# tar zxvf zlib-1.2.3.tar.gz
# cd zlib-1.2.3
# ./configure
# make
# make install

Edit
Swig(C言語と簡易言語との接続用ツール)

SwigOfficialPage
SWIG (Simplified Wrapper and Interface Generator) は、 C/C++ で書かれたプログラムやライブラリを、Tcl/Tk、Perl、Python、Ruby、PHP、Lua などのスクリプト言語や、Java、C#、Scheme、Ocaml などの言語に接続するためのオープンソースのツールである。

# wget http://prdownloads.sourceforge.net/swig/swig-3.0.12.tar.gz
# tar zxvf swig-3.0.12.tar.gz
# cd tar zxvf swig-3.0.12
# ./configure --with-python=/usr/local/bin/python --with-php=/usr/local/bin/php
# make
# make install

※以前は下記のコマンドによってランタイムをインストールするようになったが、現在は上記のmakeに統合されているようだ。

# make runtime
# make install-runtime

Edit
Expat(Cで実装されたストリーム型のXML parser)

Expat

# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/expat/expat-2.0.1.tar.gz
# tar zxvf expat-2.0.1.tar.gz
# cd expat-2.0.1
# ./configure
# make
# make install

Edit
libxml2

# wget ftp://xmlsoft.org/libxml2/libxml2-2.9.1.tar.gz
# tar zxvf libxml2-2.9.1.tar.gz
# cd libxml2-2.9.1
# ./configure
# make
# make install

※Python を入れていないとコンパイルエラーになる。その場合下記のコマンドを実行

# yum install python python-devel

Edit
libidn

# wget http://ftp.gnu.org/gnu/libidn/libidn-1.22.tar.gz
# tar zxvf libidn-1.22.tar.gz
# cd http://ftp.gnu.org/gnu/libidn/libidn-1.22
# ./configure
# make
# make install

Edit
ClearSilver

# wget http://www.clearsilver.net/downloads/clearsilver-0.10.5.tar.gz
# tar zxvf clearsilver-0.10.5.tar.gz
# cd clearsilver-0.10.5
# ./configure
# make 
# make install

Edit
GDライブラリ

GDライブラリとは、グラフィックでグラフなどを作成する場合に非常に便利なライブラリである。インストールに先立って、3つの画像処理ライブラリをインストールすることをお勧めする。

Edit
JPEGライブラリ

Jpegライブラリとは、Jpegファイルを操作するためのライブラリである。[[:http://www.ijg.org/]]

# wget http://www.ijg.org/files/jpegsrc.v6b.tar.gz
# tar zxvf jpegsrc.v6b.tar.gz
# cd jpegsrc.6b
# ./configure
# make
# make install

Edit
PNGライブラリのインストール

PNGライブラリとは、.pngファイルを操作するためのライブラリである。公式ページ

# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/libpng/libpng-1.2.35.tar.gz
# tar zxvf libpng-1.2.35.tar.gz
# cd libpng-1.2.35
# ./configure
# make
# make install

Edit
FreeType2のインストール

FreeType2とは、フォントをシンプルに操作するライブラリであり、一般的には画像の上に文字を作成して新しい画像などを作る場合などに使われる。公式ページ

# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/freetype/freetype-2.3.9.tar.gz
# tar xzvf freetype-2.x.x.tar.gz
# cd freetype-2.x.x
# ./configure --enable-shared
# make
# make install

Edit
GD本体のインストール

# cd /usr/local/src
# wget http://www.libgd.org/releases/gd-2.0.36RC1.tar.gz
# tar zxvf gd-2.0.36RC1.tar.gz
# ./configure

Edit
MCryptライブラリ(libmcript + ltdlも一緒に)

最初に、libmcriptのインストールを行う。libmcryptとは、CBC, OFB, CFB ,ECB 暗号モードの DES,TripleDES,Blowfish (デフォルト),3-WAY, SAFER-SK64, SAFER-SK128, TWOFISH, TEA, RC2 ,GOST の ような広範なブロックアルゴリズムをサポートする mcrypt のライブラリである。

# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/mcrypt/libmcrypt-2.5.8.tar.gz
# tar zxvf libmcrypt-2.5.8.tar.gz
# cd libmcrypt-2.5.8
# cd libltdl
# ./configure --enable-ltdl-install
# make
# make install
# cd ..
# ./configure --enable-shared
# make
# make install

次にMcryptのインストールを行う。(ただしmhashライブラリがインストールされていること yum install mhash)

# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/mcrypt/mcrypt-2.6.8.tar.gz
# tar zxvf 
# ./configure --enable-shared
# make
# make install

Edit
Cyrus SASLのインストール

Cyrus SASLとは、Simple Authentication and Security Layerを実現するためのライブラリ群であり、LDAP Ver3などを利用する場合にインストールする必要がある。ほかにもこのライブラリを利用することで、IMAPやPOP3などを暗号化して通信させることができる。

# wget ftp://ftp.andrew.cmu.edu/pub/cyrus-mail/cyrus-sasl-2.1.22.tar.gz
# tar zxvf cyrus-sasl-2.1.22.tar.gz
# cd cyrus-sasl-2.1.22
# ./configure --with-openssl=/usr/local/ssl
# make
# make install
# ln -s /usr/local/lib/sasl2 /usr/lib/sasl2
# ldconfig

これで、SASLライブラリがインストールされた。Dovecotなどのメール転送ツールなどから、利用され暗号化された通信が可能となる。

Edit
参考リンク