#author("2018-06-23T16:36:28+09:00","default:narushima","narushima")
#author("2018-06-23T17:33:09+09:00","default:narushima","narushima")
#contents

* VMware Station 12 に macOSをインストールする。 [#zfb7096b]

- VMware をインストールする。
- unlocker 2.0.8 の、win-install.cmd を管理者で実行
- バーチャルマシン作成時のOS に Apple macOS が選択できるので、最低でもメモリ4GB、cpu 4 個で作成。(cpu 2にコア2でも大丈夫)
- 起動してもエラーになるので、vmware を終了してから作成された vmイメージフォルダにある、vmx ファイルに以下を追加。
 smc.version = "0"
 sata0:0.virtualSSD = "0"       (SSDを利用する場合のみ必須)
-vmイメージの起動
- macOSのインストール初期のディスクユーティリティにて認識しているディスクを消去 しmacフォーマットでディスク作成
-macOSインストール(Wifiなどネットワーク必須)
-osインストール後、unlocker208->tools->darwin.iso をマウントし vmware toolsをインストール

* VMWare で macOSを起動させたときに、JISキーボードを識別させる方法 [#g07e246a]

vmwareゲストOSフォルダ内になる、 xxxx.vmx ファイルをオープンし

 keyboard.vusb.enable = "TRUE"
 keyboard.vusb.idVendor = "0x0000"
 keyboard.vusb.idProduct = "0x0000"

この3行を追加。
その後、ゲストOSを起動するとキーボード設定プログラムが起動するので指示に従う。